TOP コラム一覧 コラム詳細

Column コラム詳細

歯科衛生士が退職する場合に退職金はもらえる?

2023/05/04 歯科衛生士の方向け
サムネイル

LINE登録からキャリアアドバイザーに無料で相談してみる

「歯科衛生士も退職金はもらえる?」
「歯科衛生士が退職金をもらうための条件を知りたい」
「退職金の相場とは?」
歯科医師の補助的な役割を担う歯科医療の専門家、歯科衛生士。
終身雇用が薄れ、キャリア変化がめまぐるしい現代、こうした専門職への注目が高まっています。
本記事では、歯科衛生士の退職金について解説しています。
転職を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

退職金とは

まず退職金とは何か、から解説していきましょう。
退職金とは、雇用契約の解除や解雇、退職などが発生した場合に、労働者に対して支払われる金銭的な補償のことです。
従業員の長期雇用を助け、賃金以外の形で誠実な雇用者であることを示すために、企業が提供することが一般的です。
退職金は、勤続年数や給与、待遇などを基準にして計算されます。
具体的には、企業が月々の貯蓄を積み立てていく方式や、退職時期に一定額を一括支払いする方式などがあります。
ただし、退職金の支払いは法律によって義務づけられた制度ではなく、企業の方針や取り決め次第であるため、支払われないことや支払われる金額が少なくなることもあります。
また、退職金の取扱いには税金や社会保険料の適用があるため、企業と従業員の双方が法律や税務制度を遵守することが求められます。

歯科衛生士は退職金がもらえる?

次に、歯科衛生士は退職金がもらえるのかについて解説していきます。
結論、歯科衛生士が退職金をもらえるかどうかは、雇用契約の内容や労働法に基づいて決定されます。
一般的に、労働契約が打ち切られた場合は従業員に退職金が支払われることになっていますが、契約によっては認められていない場合もあります。
具体的には、アルバイトやパートタイマー、派遣社員などが雇用されている場合、法律上の賃金水準などに関する規定が適用され、退職金は支払われないこともあります。
しかし、一定期間以上勤めた場合、有給休暇の支払いや退職手当の支払いが認められることもあります。
歯科衛生士が退職金を受け取るためには、法律や労働契約に則って勤務している期間が長いことが重要です。
また、企業や歯科医院によっては従業員の福利厚生に力を入れている場合があり、社内で独自に退職金制度を設けている場合もあります。

関連記事「歯科衛生士は何歳まで働ける?平均年齢や定年後の働き方も紹介

退職金がもらえる割合

退職金がもらえる割合はどうでしょうか。
歯科衛生士が退職金をもらえるかどうかは、雇用契約の条件や企業の規則によって異なります。
従業員が勤続した期間が長く、賃金水準が高い場合、退職金をもらうことができる可能性が高くなります。
なお、退職金制度のある歯科医院は46.5%で、74.7%の常勤歯科衛生士が退職金をもらっているとのデータがあります。
歯科衛生士の場合は正社員として雇われていて、労働法に基づいた退職金制度が適用されている場合、一定期間以上勤務し、企業の規則に従った退職手続きを行えば、退職金をもらえます。
ただし、具体的にいくらもらえるかは、企業ごとに異なります。
また、歯科衛生士がフリーランスとして活躍する場合、退職金は基本的にもらえません。
フリーランスの場合、自己責任で事業を行い、経済的なリスクを抱えるため、退職金のような安定した収入は期待できないということです。
しかし、退職金は福利厚生の一環で企業が提供するものであり、法定的には必要ではないため、支払われない場合もあります。
従業員の待遇向上は企業の社会的責任の一環として重要な取り組みですが、退職金がもらえるかどうかは、企業の方針によるところが大きいと言えます。

退職金がもらえないケース

次に、歯科衛生士が退職金をもらえないケースを見ていきましょう。
ここでは、以下の3つに分けてそれぞれ解説していきます。
従業員側も、就労先の労働契約の詳細についてよく確認することが重要です。

アルバイト・パートタイム・派遣社員でもらえないケース

まず、労働契約において退職金の支払いが規定されていない場合、たとえばアルバイトやパートタイム、派遣社員については、退職金の支払いを認めていない場合が多いようです。
とはいえ、もちろん契約によって異なります。

正社員でもらえないケース

また、正社員でも退職金が支払われない場合があります。
具体的には、企業が退職金制度を設けていない場合や、退職理由が、従業員の個人的な都合によるものである場合などです。

フリーランスでもらえないケース

さらに、労働契約が期間満了で終了した場合、会社側も従業員の退職金を支払わなければなりませんが、契約満了の場合は契約期間を満了することが退職手続きに相当するため、退職金が発生しない場合があります。

関連記事「歯科衛生士もフリーランスで働ける?主な仕事内容も紹介

歯科医師が退職金をもらえる勤続年数

ここからは歯科医師の退職金事情も見ていきましょう。
まずは、退職金をもらえる勤続年数から見ていきます。
歯科医師が退職金をもらえる勤続年数は、従業員の種類や会社の規定によって異なります。
たとえば、法人で勤務する場合、雇用保険法に基づいて退職慰労金が支払われることがあります。
この場合、規定の勤続年数は3年以上となっています。
また、個人経営の歯科医院の場合は、会社規定によって勤続年数が定められます。
一般的には、5年以上の勤務に対して一定の退職金が支払われることが多いです。
ただし、歯科医師の場合は開業や独立する人が多いため、長期間同じ歯科医院で働くことは少ない傾向があります。
そのため、退職金をもらうためには、勤務先をしっかり確認する必要があります。

歯科医師の退職金の相場

次に、退職金の相場です。
歯科医師の退職金の相場も、従業員の勤続年数や給与水準、退職金規定等によって異なります。
しかし、一般的には勤続20年以上の歯科医師の場合、数千万円の退職金を受け取ることができるケースがあります。
この場合は、会社の規定に基づいた退職金となるケースが多いです。
また、個人医院で勤務する場合、退職金の支給は義務化されていないため、転職時には退職金を受け取ることができない場合もあります。
しかし、一部の個人医院では、特定の勤務年数を達成した場合に退職金が支給されるケースもあります。
退職金の支給額や条件は、会社や個人医院によって異なるため、転職前にはしっかりと確認することが重要です。
また、自己のキャリアプランを考慮し、長期的に働ける職場での就業が退職金を含めた将来のキャッシュフローに反映されることも視野に入れておく必要があります。

退職金にかかる税金

最後に、退職金にかかる税金についても押さえておきましょう。
原則、退職金には所得税や住民税などが課税されます。
ただし、退職所得控除の対象となり、一定の金額までが非課税となります。
退職所得控除の対象外となった退職金には、所得税と住民税が課税されます。
退職金の税金については、個人の総所得や税法の改正によって影響されるので、詳細は税理士や税務署へ相談するのがおすすめです。

歯科衛生士の退職金は働き方で変わる

歯科衛生士の退職金については雇用形態や勤続年数などで異なりますが、法定雇用保険制度の適用下において保険料が支払われている場合、退職金が支給される場合が多いです。
また、企業や医院によっては、自主的な退職金制度が設けられている場合があります。
退職金の相場についても、勤続年数や年収水準によって異なります。
また、退職金には所得税や住民税などが課税され、一定の金額までが非課税となる退職所得控除の対象となるので、その点も押さえておきましょう。

ハモNAVIでは、歯科業界に熟達したスタッフがフォローアップする形で転職をサポートしています。匿名での相談ができるLINE就職相談窓口も用意しているので、お気軽にご相談ください。

歯科衛生士の求人をお探しの方はハモNAVIまで

歯科衛生士の転職ならLINE相談がおすすめ

ハモNAVIを運営するハーモニックは、
「歯科業界に特化している知識・ノウハウ」と「相談しやすい事」を強みに、
多くの求職者の方と歯科医院をマッチングさせてきました。

転職に関するお悩みの殆どが、
だれに相談していいかわからない!という内容ですので、
ハモNAVIではLINEによる転職相談窓口を設置しております。

・何から相談していいのかわからない
・経験豊富なプロに相談したい
・女性スタッフに相談にのってほしい
・自分にマッチした求人情報を送ってほしい
・いきなり電話はちょっと苦手

この中で一つでも当てはまる方がいらっしゃれば、
是非ともLINEのお友達登録からお気軽にチャットで相談してみませんか?

あなたのご登録をお待ちしております。

 

監修者

監修者の写真

長谷 麻央

株式会社ハーモニック キャリアアドバイザー

《略歴》

タレントマネージャーとして5年の経験を積んだ後、
看護師専門人材紹介コーディネーターとして13 年間務める。

2021年から現在にかけて、ハーモニックでキャリアアドバイザーとして多くの求職者に貢献中。