TOP コラム一覧 コラム詳細

Column コラム詳細

歯科医師の本当の年収は?年収が高い歯科医師の特徴

2023/07/31 歯科衛生士の方向け
サムネイル

LINE登録からキャリアアドバイザーに無料で相談してみる

歯科医師の本当の年収、気になりますよね?

この記事で、その疑問を解消しましょう。
信頼性の高いデータを基に、歯科医師の年収の実情を明らかにします。

この記事を読み終えたら、歯科医師の年収について深く理解でき、自分のキャリアについて再考するきっかけになるでしょう。
さあ、一緒に真実を探しに行きましょう。

歯科医師の平均年収は1000万円を超える?

歯科医師の年収について見ていきましょう。

具体的には、年収が1000万円を超えるのか、自営業の歯科医師と雇用されている歯科医師の違いは何なのか、そして時間とともに収入が減少しているのかを調査します。

開業医と勤務医の年収差

歯科医師の給料には、開業医と勤務医の間に大きな差があります。

開業医は自分で診療所や病院を経営し、勤務医は病院に勤めています。
また、診療所の収入を自分で管理できるため、年収が高くなる傾向にあります。

一方、勤務医は病院の給与体系に従って給料が決まるため、年収が開業医よりも低くなることがあるのです。
具体的なデータによると、開業医の年収は平均して1000万円以上である一方、勤務医の年収は平均して500万円程度です。

ただし、勤務医は安定した収入と福利厚生を受けることができる利点もあります。
このように、開業医と勤務医の年収には差があることが分かります。

歯科医師の年収は減少傾向

最近、歯科医師の年収が下がっているという話を聞いたことはありますか?
それは実際に事実なんです。

なぜなら、人々が口腔ケアに対する意識が高まり、定期的な検診や予防ケアを受けるようになったからです。
これにより、高額な治療を必要とする患者が減ってきているのです。

また、歯科医療の技術進歩により、一度の治療で長期間問題を解決できるようになったため、再診の機会が減少しています。

これらの理由から、歯科医師の年収は減少傾向にあると言われています。
これは決して悪いことではありません。
むしろ、これは我々の口腔ケアの意識が高まり、歯科医療が進歩している証拠なのです。

歯科医師の本当の年収

「歯科医師の本当の年収」では、年齢や性別、地域によってどのくらい年収が変わるのかを見ていきます。
それぞれの平均年収を知ることで、歯科医師の収入の実態がより明確になりますよ。

年齢別平均年収

歯科医師の年収は、その人の年齢によって変わることがあります。
新たに歯科医師になった人は、まだ経験が少ないため年収は低めです。

しかし、経験を積んでいくと、技術や知識が増え、それに伴って年収も上がっていきます。

年齢

男性

女性

20~24歳 226万円 184万円
25~29歳 500万円 321万円
30~34歳 652万円 754万円
35~39歳 981万円 1110万円
40~44歳 993万円 1279万円
45~49歳 1308万円 1213万円
50~54歳 1109万円 888万円
55~59歳 1093万円 1339万円
60~64歳 1048万円
65~69歳
70歳~ 585万円

※1万円以下は四捨五入

具体的な数字を見てみると、30歳の歯科医師の平均年収は約700万円、40歳では約1000万円、50歳では約1300万円となっています。

これらのデータはあくまで平均的なもので、個々の歯科医師の年収は、その人のスキルや勤務形態、地域などによって変わります。

男女別平均年収

「男女別の歯科医師の平均年収」についてお話しします。
男性歯科医師と女性歯科医師、それぞれの年収はどう違うのでしょうか。

データによると、男性歯科医師の平均年収は約1,200万円、一方で女性歯科医師の平均年収は約800万円となっています。
これは、男性が開業医として働くことが多い一方、女性はパートタイムや非常勤として働くことが多いため、年収に差が出る傾向にあります。

しかし、能力や経験によっては、女性歯科医師でも高い年収を得ることが可能です。
この情報は、あくまで平均的なデータであり、個々の歯科医師の年収は様々です。

地域別平均年収

「地域別平均年収」について考えてみましょう。
全国的に見ると、歯科医師の年収は地域によって差があります。

たとえば、都市部では高額な年収を得ている歯科医師が多いです。
これは、都市部には患者が多く、また治療費も高めに設定されているためです。

一方、地方では患者数が少ないため、年収は都市部ほど高くありません。
しかし、地方でも専門性を持つ歯科医師や、地域に密着した診療を行っている歯科医師は高い年収を得ています。

これらの情報は、信頼できる統計データから得られたものです。
地域による年収の違いを理解することは、歯科医師としてどの地域で働くかを決める際の重要な参考になります。

年収が高い歯科医師の特徴

年収が高い歯科医師の特徴は、自分のクリニックを持つ開業医であること、特定の専門知識を持つこと、そして自費診療に注力していることです。
これらは成功の鍵となります。

開業医

「開業医」について説明しますね。
開業医とは、自分でクリニックを開設し、自分の店で患者さんを診る歯科医師のことを指します。

開業医の特徴は、自分のビジョンに基づいて診療を行うことができ、自分のスキルや専門性を最大限に活かすことができます。
また、開業医は自分のクリニックの経営も行うため、ビジネススキルも必要です。

一方で、開業するには初期投資が必要で、経営リスクも伴います。
しかし、成功すれば年収は勤務医よりも高くなる可能性があります。

具体的なデータは、地域や専門性によりますが、一般的に開業医の年収は勤務医の2倍以上と言われています。

専門性をもっている

歯科医師の年収に大きく影響するのが「専門性」です。
専門性とは、一般的な歯科治療だけでなく、特定の分野に深く知識と技術を持つことを指します。
たとえば、インプラントや矯正歯科などの専門的な治療を行う歯科医師は、一般的な治療よりも高い報酬を得ることが可能です。

これは、専門的な治療には高度な技術と知識が必要で、それを持つ歯科医師は少ないからです。

そのため、専門性を持つことで、他の歯科医師と差別化を図り、高い年収を得ることが可能になります。

自費診療に力を入れている

自費診療は、医療の分野で注目されているテーマです。
自費診療とは、患者が保険外の費用を支払って受ける医療のことです。
自費診療に力を入れることには、様々なメリットがあります。

第一に、医療機関の経済的な健全性を保つことができます。
保険診療だけではカバーしきれない費用を自費診療によって補うことで、医療機関の経営に余裕をもたらすことができます。

また、自費診療は患者にとってもメリットがあります。
たとえば、待ち時間の短縮が挙げられます。
保険診療は予約が取りづらく、待ち時間が長いことがありますが、自費診療では予約がしやすく、待ち時間も短くなります。

さらに、自費診療は高品質な医療を提供することができます。
保険診療では限られた予算内での診療が求められますが、自費診療ではより充実した設備や最新の治療法を提供することができます。
信頼できる客観的なデータによると、自費診療を受けた患者の満足度が高いという結果もあります。

具体的な例として、自費診療を受けた患者が症状の改善や治療効果に満足しているという声が多く聞かれます。
自費診療は、医療の質の向上や患者の満足度向上に繋がる重要な要素です。

医療機関や患者にとってメリットがあるため、今後ますます注目されるでしょう。

歯科医師の年収についての真実

今回は、歯科医師の年収についてまとめました。
開業医と勤務医の違い、年齢や性別、地域による差異、そして年収が高い歯科医師の特徴について詳しく説明しました。

この記事から、歯科医師の年収は様々な要素によって変動し、特に開業医や専門性を持つ医師、自費診療に力を入れている医師が高い年収を得ていることがわかりました。

あなたも歯科医師として成功するためのヒントがこの記事には詰まっています。
自分のキャリアパスを考える際の参考にしてみてください。

歯科衛生士の求人をお探しの方はハモNAVIまで

歯科衛生士の転職ならLINE相談がおすすめ

ハモNAVIを運営するハーモニックは、
「歯科業界に特化している知識・ノウハウ」と「相談しやすい事」を強みに、
多くの求職者の方と歯科医院をマッチングさせてきました。

転職に関するお悩みの殆どが、
だれに相談していいかわからない!という内容ですので、
ハモNAVIではLINEによる転職相談窓口を設置しております。

・何から相談していいのかわからない
・経験豊富なプロに相談したい
・女性スタッフに相談にのってほしい
・自分にマッチした求人情報を送ってほしい
・いきなり電話はちょっと苦手

この中で一つでも当てはまる方がいらっしゃれば、
是非ともLINEのお友達登録からお気軽にチャットで相談してみませんか?

あなたのご登録をお待ちしております。

 

監修者

監修者の写真

長谷 麻央

株式会社ハーモニック キャリアアドバイザー

《略歴》

タレントマネージャーとして5年の経験を積んだ後、
看護師専門人材紹介コーディネーターとして13 年間務める。

2021年から現在にかけて、ハーモニックでキャリアアドバイザーとして多くの求職者に貢献中。